男女

無呼吸症候群は危険|早めに対処するのが吉

難聴を引き起こす脳腫瘍

メンズ

聴神経腫瘍は難聴を引き起こす脳腫瘍です。但し、良性腫瘍です。治療は手術と放射線治療で、どちらも一長一短があります。ただ、良性腫瘍であり、自然に腫瘍が小さくなることもあるので経過観察のみというケースも結構あります。いずれにせよ、信頼できる医療機関を早期に受診すべきです。

もっと見る

自宅で療養したいのならば

医療器具

認知症や障害等で通院できない患者の治療のことで悩んでいる家族の方もいるでしょう。そんな時には、世田谷区に対応した在宅医療サービスを利用してみるのが良い方法です。高度な医療を自宅にいながら受けることができて快適です。

もっと見る

脱腸とはなにか

病院

鼠径ヘルニアは、脱腸とも呼ばれるもので腸が腹壁を突き破り飛び出すことで発生します。鼠径ヘルニアになると下腹部で強い違和感や痛みが発生し、重症化すると腸閉塞を起こすリスクが高くなります。自然に治癒することはなく治すためには手術が必要になります。

もっと見る

手遅れになる前に

看護師

睡眠時に

無呼吸症候群は、寝ているときに呼吸が止まってしまうという、こわい症状です。無呼吸症候群になりやすい方は、太っている方や気道が狭い方、鼻づまりや副鼻腔炎の方などです。無呼吸症候群の方は、自覚がない場合も多いようです。家族が最初に異変に気づくということも少なくないのです。寝ている間にいびきをかく方は、注意が必要です。無呼吸症候群の症状は、大きないびきをかいているのに途中でいきなり呼吸が止まってしまいます。呼吸が戻らず、そのまま死に至る場合もあるのです。無呼吸症候群の検査は、内科や耳鼻咽喉科などで行われている場合もあります。検査を受けたい方は、お近くの検査を行っている病院に行ってみてはいかがでしょうか。

検査を受けましょう

無呼吸症候群の検査は、一晩病院に泊まる必要があることが多いです。さまざまな器具を装着し、寝ている間の呼吸などを調べます。そうすることで、無呼吸症候群か否かが判明するのです。無呼吸症候群の疑いがある方は、お早めに検査を受けることをおすすめします。無呼吸症候群の検査を行っている病院を調べたい場合は、インターネットが便利です。無呼吸症候群、検査などのキーワードで検索すると、検査を行っている病院がわかります。また、家族がいる方は、寝ているときの様子を見てもらうのもおすすめです。一人暮らしの方は、ビデオカメラなどで撮影するのもひとつの手段かと思います。治療する方法もありますので、まずは検査を受けましょう。